中浜下水処理場一般公開のお知らせ

2024年3月23日(土)大阪市主催による中浜下水処理場の一般公開を行います。

下水道施設の役割について市民の皆様に広くご理解いただくため、施設見学などを行います。

大阪市:中浜下水処理場の一般公開を行います (…>イベント>イベントのお知らせ) (osaka.lg.jp)

(大阪市ホームページより)

見学予定の水処理施設(東池)は、1960年に標準活性汚泥処理法による下水処理を開始した大阪市で3番目に古い施設で老朽化がすすんでいましたが、この度のリニューアル工事で新しく『高速ろ過施設』と『膜分離活性汚泥法(MBR)処理施設』へと生まれ変わり、2021年10月より運転を開始しました。

       浸水からまちを守るポンプ
    新しく生まれ変わった水処理施設

   

 一般公開当日は、中浜下水処理場の運転・維持管理を行っている当社スタッフが、ポンプや水処理施設をご案内いたします。

 顕微鏡を使用した微生物の観察もサポートしますので、皆様ふるってご参加ください。

 さらに今回、特別にマンホールカード(CWO版)を会場にご用意しますので、ご希望の方は会場で直接スタッフにお申し出ください。

(当日はお一人につき1枚差し上げますが、数に限りがございますので、ご了承ください。)

 弊社マスコットのスーアくんも皆様のご来場をお待ちしています!

 ※マンホールカードとは

 マンホール蓋の図柄がデザインされたコレクション用のカードで、表にはマンホール蓋の写真と位置情報、裏には蓋デザインの由来を各地の文化や歴史とあわせて紹介しています。自治体、団体により異なりますが、全国各地の下水道関連施等で手に入れることができます。

通常のマンホールカード配布について

 マンホールカードの配布について – クリアウォーターOSAKA (clearwater-osaka.jp)